あまり気負いすぎない

看護師として働く際、多くの場面で触れることになるのが点滴です。
病棟勤務として入院患者さんと関わるときだけではなく、外来勤務の場合でも点滴を行う場面は多くあります。

それほど看護師にとって点滴は身近なものではありますが、一見簡単に見えて非常に難しい業務です。
実際ベテラン看護師でも、点滴が苦手と話す人も多くいます。
看護師としての経験は長くても、自身が点滴をどれだけこなしてきたかということは職場次第になります。
しかし上手に点滴ができるかどうかは、他にも様々な要因があります。

まず、上手な看護師でも、患者さん次第で上手に点滴ができるかどうかが決まってきます。
例えば、血管が太くて見えている患者さんでも、実際に刺そうとすると血管壁が硬いために針がすべってしまい、なかなか血管に針が入らないということもあります。
また、健康な人や若い人なら健康な血管を持っているため入れやすいですが、長く入院している人は血管がぼろぼろになっており、点滴を刺すことができる場所がないということもあります。

このように、点滴は身近である反面難しさもあり、看護師も緊張をすることがあります。
点滴が少し痛かった際に何もなかったかのように我慢をする患者さんもいますが、逆に少しでも痛みがあったときに看護師に怒る患者さんもいます。
そのため、点滴をする時に緊張してしまう場合があります。
点滴は基本的に看護師が緊張せずにしたときの方が痛くない傾向があるため、あまり気負いすぎないことが大事です。